ソフトウェアライセンス契約について

###Site Name###

ソフトウェアライセンス契約は色々な取決めが記されています。


この契約で取決められていた監査が実行されライセンス違反が判明するケースや、社員が著作権保護団体に内部通報してライセンス違反が判明するケースもあります。

大手ベンダーなど製作会社が提供するソフトウェアにはライセンス監査をする権利が定められているのが普通です。

これをライセンス監査権といい、製作会社が自分の会社が提供するソフトウェアの著作権が守られているかを監査することができる権利です。

製作会社が監査を執行するときはライセンス監査レターや、ライセンス調査票などをソフトを使う会社に送ります。


この書類を受け取ったら、その会社は誠実な対応が求められます。
まずは行われるのが監査なのか、調査なのかを確認します。

Nutanixの仕組みの知識が身につきます。

次に書類を送ったのが製作会社なのか、製作会社の代理人なのかを確認します。製作会社の代理人とは著作権保護団体や弁護士などの法定代理人のことです。



さらにライセンスはどんな内容なのかや、書類の主旨は温和であるのか威圧的であるのかも確認します。

産経ニュース情報が絶対見つかります。

最後に目的は何かを確認の上、対応にあたるのが重要です。これらは大事なポイントなので、確認しても良く分からないときにはソフトウェア資産管理のコンサルタントの意見を伺ったほうが良いです。

ライセンス違反が判明したときに、ごまかそうとしてライセンスを買い足したりは絶対してはしてはいけないことです。

ライセンスを買い足したところで違反をごまかせないばかりか悪質と見なされてしまいかねませんので注意する必要があります。