仮想化基盤とコンピューター

###Site Name###

最近、仮想化基盤という言葉をよく聞きます。
仮想化基盤とは何かというと、物事の基礎となる基盤を仮想化したものです。
物事の基礎となるものを、最近では略してインフラと呼びますが、仮想化基盤のインフラは、ITシステムの基礎のことです。



IT基盤とも呼ばれます。

仮想化基盤の中心は、コンピューターです。

仮想的なコンピュータを、物理コンピューターの上に構築します。

そしてその上で、OSやアプリケーションを稼動させます。

仮想化は、クラウドコンピューティングをサポートする技術です。

クラウドコンピューティングは、世界中にあるサーバーを資源として、ユーザーがネットワークを使ってサービスを利用するシステムのことです。



クラウドコンピューティングは、多くの利用者の要求に素早く応える必要があります。
そのため、基盤となるリソースには大きな負荷がかかってしまいますが、これをサポートしているのが仮想化技術です。

NAVERまとめ情報を選ぶ時のポイントを紹介いたします。

サーバーのリソースを、仮想化によって最適化させて、クラウドコンピューティングに必要なエネルギー消費を抑えるのです。

クラウドコンピューティングの実現は、仮想化技術があってこそ可能なのです。

仮想化という言葉は、最近出てきたように思われがちですが、実は昔からあった言葉です。1960年代に、ハードウェアの使用率を高めるため、仮想化技術が開発されています。黎明期から現在までのコンピューターの歴史を考えると、仮想化基盤の重要性がよくわかります。