仮想化基盤でITシステムのコストダウンを図る

###Site Name###

最近、企業のITシステムでクラウドを使用する所が増えています。
クラウドを利用することで自社でシステムを持つ場合に比べその維持費が格段に軽減出来るからです。


さらに運用者を雇用する事のできない中小企業に於いても、専任の運用者がいるようなITサービスが享受できるというメリットが有ります。

このクラウドを支えるのが仮想化基盤と言われる技術です。



仮想化基盤とは1台のコンピューターの中で複数の異なった処理を同時に行い、利用している側から見るとあたかも自分専用のコンピュータが存在するように見えるという技術ですが、近年非常に普及し始めたのは、複数動作しているそれぞれがお互いにその動作に干渉しない、という技術が大きく進化したからです。

古くから1台のコンピュータを複数の用途に使用するという概念は有りましたが、どうしても1つの処理量が大きくなると他の動作が遅くなってしまうといった動作の干渉が有りました。



その為利用している側から見ると突然動作が遅くなったりすることが有り、大きな問題を生むことが有るため費用がかかっても専用のシステムを用意する方が良いという結論になりがちでした。

2ちゃんねるの情報も豊富で、検索サービスも豊富なサイトです。

現在の仮想化基盤は相互の処理がお互いに干渉しないように工夫がされています。

これを支えるのがネットワークの高速化によるストレージ方式の採用と、1台のコンピューターの中で処理を独立させるブレードシステムです。

1台のコンピューターの中で1つ1つの処理を担当するCPUを分けることにより相互に処理量が影響しない仮想化基盤が実現できるのです。